恵那×世田谷プロジェクト

「学祭報告 2017 11/2-4 12-14」

11月の2日から4日にかけて行われた明治大学の明大祭、および昭和女子大学の学祭である秋桜祭において「恵那×世田谷project」で出店しました!
おかげさまで数多くの方々にご来店いただき、恵那の魅力を伝えることができたと思います。

明大祭においては学生をあえてターゲットから外し、世田谷区に在住の親世代そして恵那栗の良さを知っているシニア向けにターゲットを絞りました。そのため、値段設定や売り方も他の学祭の店舗とはかなり異なって、初めはかなり不安でした。しかし、実際に販売してみると、非常に多くのシニア世代の方にご来店をいただき、中には1つ3000円の栗きんとんを買って帰るお客様もいらっしゃいました。

終わった後に、恵那川上屋さんの鎌田さんから実際に文化祭でご来店されたお客様が、二子玉川にある恵那川上屋さんにご来店されたとお聞きし、自分たちのターゲット設定、および、商品のバックグラウンドを伝え、お客様に価値を伝えるという売り出し方は間違っていなかったのだと、実感することができました。

しかし、売り上げ自体は、学祭の平均売上の二倍近く売り上げたものの、経費管理や発注の過剰により利益をあまり出すことができなかったため、今後の改善点としてはそのような点が挙げられると考えております。

 

また、11/12-14にかけて昭和女子大学の学祭にも出店しました。

昭和女子大学の学祭は土地柄、お客様は基本的にマダム層でした。そのため、商品の受けは非常に良く、こちらも明大祭同様多くのお客様にご来店をいただきました。

明大祭、秋桜祭の六日間を通じて、多くのお客様に恵那の良さ、そして恵那栗の良さを伝えられたと思います。

プロジェクトにご協力してくださった皆さま、恵那川上屋の皆さま、大変ありがとうございました。

明治大学高橋正泰ゼミ
昭和女子大学高木ゼミ